プロジェクト管理のシステムを導入する際に検討したいこと

プロジェクト管理の選び方とは?機能以外の面もチェックする!

企業に適したシステムを使用する

企業で何かプロジェクトを進めていく際に活用していきたいプロジェクト管理システム。現在では数多くのシステムが登場しているので、いざ利用しようとした際にどれを導入していけばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、プロジェクト管理システムの選び方を前もって把握しておくと良いですよ。選び方を知っておくことで、企業に適したシステムで効率よくプロジェクトを回せるでしょう。

あると便利なプロジェクト管理システムの機能BEST3

no.1

進捗管理機能

プロジェクト管理は非常に大変な業務となっているので、システムを利用して行なう場合、色々な機能が必要となっていきます。豊富にある機能の中でも「進捗管理機能」はあるととても助かりますよ。プロジェクトに関わっているすべての作業やタスクなどの状況が分かるので、ぜひ活用していきたいです。また、進捗管理機能ではメンバー全員の作業状況を把握することが出来るので便利でしょう。

no.2

情報共有機能

プロジェクトに関わっているメンバーとのコミュニケーションを図るために「情報共有機能」もプロジェクト管理システムには必須となっています。効率良くプロジェクトを進めていくためにはコミュニケーションが取れる機能やファイル・データなどを共有することが出来る機能が搭載されていると便利です。円滑なコミュニケーションやチームワークでプロジェクトの生産性を高めることが出来るでしょう。

no.3

分析や集計機能

プロジェクト管理を行なっていく中でデータの分析や集計も大切な業務の一環となっています。プロジェクト管理システムでは「分析・集計機能」も備わっていると、データ処理やグラフの作成がとても便利になるでしょう。なお、この機能が搭載されていることで資料や報告書を作る手間が確実に減って、作業の効率化に繋がりますよ。

プロジェクト管理のシステムを導入する際に検討したいこと

男の人

「クラウド版」と「パッケージ版」

プロジェクト管理システムを導入する際には、必ず「クラウド版」と「パッケージ版」の違いについて把握しておくことが大事です。この2つの契約形態によって特長などが異なるので要チェックですよ。まず、パッケージ版について確認しましょう。パッケージ版とはシステム自体を買取って、企業内のサーバーで運用・管理していくタイプとなっています。費用は数十万~数百万円ほどかかる場合がありますが、自由度が高いのが特長です。一方でクラウド版は月額使用料金を払いながらインターネットを介して利用していきます。専用のサーバーが必要ないことから安く利用することが出来ますが、色々と制限があります。このように2つの契約形態を把握していき、目的に応じたものを選んでいきましょう。

セキュリティ面は安全か

重要なデータやファイルなどの取り扱いもしていくため、プロジェクト管理システムを選ぶ際はセキュリティ面も重視していきましょう。あわせて、万が一のトラブルでも安心出来るようにバックアップ体制についてもチェックすることです。情報の紛失・流出などを防いでいくためにも、しっかりとしたセキュリティ、万全なバックアップ体制が完備されているシステムが良いですよ。

誰でもわかりやすく使用することが出来る

プロジェクト管理システムは数多くの人数が利用していくので、導入する際は使いやすさも選ぶポイントとなっています。ややこしくて使いにくいプロジェクト管理システムだと逆に操作にストレスを感じてしまい、生産性が低くなってしまうでしょう。そのため、誰でも使いやすいシステム・機能かをチェックしていくことです。なお、導入前に使用感を確かめたい場合は無料お試し体験を活用するのをおすすめします。